K.uno Craftsmanship

製作にあたるのは180名以上のプロ集団ケイウノはジュエリー作りの全ての工程を日本の自社工房で行っております。
長年、オーダーメイドで培った技術を持つクラフトマンは180名以上。(日本最大級)
そこからは独自の様々な技術が次から次へ生まれており、
お客さまのどんなご要望にもお応えできるよう、日々努力しております。また、ほとんどの店舗に工房を併設しており、
製作からアフターサービスまで、生涯頼っていただけるサービスを実現しています。

ケイウノのこだわり

ケイウノのリング

一般的なリング

包みこむような着け心地

極上のフィット感を楽しんでいただきたいという想いから指の特徴を考慮して、指輪の内側の「カド」に丸みをつけています。“ふしがある” “むくみやすい”など、指の特徴は様々。お客さま一人ひとりに合わせて一から製作いたしますので、違和感のない自然な着け心地を感じていただけます。
またクラフトマンが一つひとつバランスをみながら、丁寧に仕上げていきますので、どんなデザインでも極上のフィット感をお楽しみいただけます。

"ケイウノのリング】 リングの内側にたっぷりと金属をプラスして、指に吸い付くような着け心地を実現しています。さらに、リングに高さを出して立体感があるため周りの肌の盛り上がりが目立たず、どの角度から見ても存在感があります。
一般的な既成品のリング】 角をわずかに取ることで、着け心地を良くしています。しかし、リングの厚みが薄いため周りの肌が盛り上がり、リングの存在感が薄れてしまいます。

ケイウノのリング

一般的なリング

存在感

手は常に動いていて、真正面から見ることはほとんどありません。側面から見たラインも重要です。ケイウノのリングは斜めから見ることも考えてデザインされていますのでシンプルで繊細なデザインであっても、圧倒的な存在感を感じられます。

ケイウノの石留め

強度を考えた石留めを行います。また、長年の使用による磨耗に充分耐えることができます。

  • 見た目が繊細で爪がダイヤの輝きも損ねず強度のある石留め。

※一般的な既製品の石留め

  • 隙間が多く、座に対して石が小さく、石ゆるみしやすくなります。
  • 爪の先が浮いています。爪が起きやすく、石が外れやすくなります。
  • 石に対して、爪の位置がずれています。石ゆるみの原因になり、石が外れやすくなります。
  • 爪の先端のみで留まっています。石への負担が大きくなります。
  • 爪の背中が薄くなっています。爪が起きやすく、石が外れてしまいます。また、長年の使用により磨耗して強度も落ちます。
  • ダイヤに爪がかかりすぎて輝きを損ないます。
ケイウノのリング 一般的な既製品リング

強度と美しさを兼ね備えた金属を自社で開発しています

より発色が良く、強度を兼ね備えたピンクゴールド、少しダークな質感のある変形しにくいプラチナなど、全てにケイウノ独自の技術が注がれています。

  • 店舗にある工房で安心のアフターサービス

    生涯頼っていただけるお店を目指し、ほとんどの店舗に工房を併設。アフターサービスはもちろん、修理やリフォームのご相談もお気軽にお持ちください。
    アフターサービス
    全国店舗情報