オーダーメイドブランドのケイ・ウノTOP
>
よくある質問 > ジュエリーのアフターケアについて

よくある質問

ジュエリーのアフターケアについて

  • 【Q7-1】ジュエリーの普段のお手入れ方法を教えてください。

    どのジュエリーも、「着けた後は柔らかい布で拭く」のがお手入れの基本です。ケイウノでは、ジュエリーのお手入れ用にセーム皮をご用意しております。
    なお、ケイウノでご購入いただいた商品はアフターサービスとして、一部メンテナンスを永久無料で行っております。

    アフターサービスの詳細はこちら

  • 【Q7-2】パールのお手入れ方法を教えてください。

    「使った後は乾いた柔らかい布で拭く」のが基本です。

    パールは汗や汚れに弱く傷つきやすいため、専用の布で汚れなどを拭き取ることが大切です。ケースに入れて、高温多湿や極度の乾燥を避けて保管してください。

    また、使用頻度に関わらず、パールのネックレスは3~5年に一度の糸替えをおすすめします。糸は時間が経つと劣化して切れやすくなるため、定期的な糸替えをするのが安心です。

    ※ケイウノでは糸替えの修理も承っております。

    修理の詳細はこちら

  • 【Q7-3】ゴールドのジュエリーが黒ずんできたのですがどうしてですか、綺麗になりますか。

    金を使ったジュエリーの場合、金属中のス(小さな空洞)から酸がしみでて、赤黒くなることが稀にあります。本来は、製造過程で使用した酸は中和しておくものなのですが、中和が不完全だと時間が経つに連れて、こういう現象が起きるのです。綺麗にするには、スの中の酸をしっかり中和することと、磨きなおしが必要です。

    ※ケイウノでは、赤黒く変色したゴールドジュエリーも修理として承ります。本来のゴールド色が綺麗に蘇ります。

    修理の詳細はこちら

  • 【Q7-4】シルバーのアクセサリーが黒ずんでしまったのですがなぜですか、綺麗になりますか。

    シルバー(銀)商品の黒ずみの正体は、表面に作られた硫化膜です。銀は、硫黄分と反応すると硫化膜をつくるため、空気中の微量な硫化水素・亜硫酸塩などと反応して少しずつ黒ずみます。また、硫黄分の入った温泉に浸けると黒くなります。
    お手入れ方法は、その硫化膜を取り去ること、また、輝くために小傷をとることです。市販のシルバー磨き用のクロスや、専用のクリーニング液、研磨剤(グラノールなど)を利用されると良いと思います。

    ※ケイウノでも、シルバー商品の磨きなおしは、修理として承っております。

    修理の詳細はこちら

  • 【Q7-5】ダイヤモンドジュエリーのお手入れについて教えてください。

    ■着用後は拭く習慣を
    ダイヤモンドには、親油性という油になじみやすい性質があります。その性質ゆえに手の油やほこりがつきやすく、輝きが衰えたと勘違いされる方も少なくありません。使った後はそのままにせず、必ず柔らかいジュエリー用の布で拭いてからしまいましょう。

    ■輝きを取り戻す洗浄
    汚れが気になる場合は、中性洗剤をぬるま湯で溶いて、柔らかな歯ブラシやハケ、絵筆などで洗います。頑固な汚れの場合は、濃い目の液に1日浸けておいて洗えば効果的。洗浄後は熱い湯で洗い、しっかり乾燥させることが大切です。爪の裏など、手の届かない箇所の汚れ等はお近くのケイウノショップにお持ちください。

    ※ケイウノでは、ご購入いただいた商品については洗浄はもちろんのこと、日常使いでついてしまう小さな傷や石のゆるみなども丁寧に点検・修理をして新品同様の状態にさせていただく「リフレッシュ仕上げ」をほとんどの商品で永久無料保証で行っています。

    アフターサービスの詳細はこちら