ケイウノのダイヤモンド

メイドインジャパンのケイウノダイヤモンド

「何億人もの中から奇跡のように出逢い、愛し合い、そして結ばれる。そんなふたりを最高の輝きで祝福したい」 ケイウノでは、そんな想いから、自社で原石の選定、研磨、輝きの研究開発、全てを行っています。国内では自社で研磨を行うブランドは稀な中、メイドインジャパンの究極の輝きを生み出しています。

開発された Premium Loving Heart

長年の歳月をかけて開発された「プレミアムラビィングハート」は、虹色の輝き「ファイア」と石を動かしたときに生じる煌めき「シンチレーション」が特に強く美しいダイヤモンド。独自の光学3D解析により開発されたプロポーション、原石選定、高度なカッティング技術、そのすべてから誕生しています。

「SweeTrick Diamond®」 ~ Mickey Design ~

“ミッキーマウス”のシルエットが浮かび上がる夢のようなダイヤモンド。ケイウノのダイヤモンドカッターが開発したプロポーションは、“ミッキーマウス”の形を綺麗に表現するために247面ものカット面で作られています。ケイウノでしか出会えない魔法の輝き、「究極の隠れミッキー」です。

“ミッキーマウス”の形を綺麗に表現するために247面ものカット面でつくられています。カット面が多いため、満点の星空を手にしたような美しさが有ります。(0.3ct~ ¥400,000~)
(登録商標第5486874号)

ふたりの絆が深まる唯一無二のダイヤモンド

ひとつの原石から2つのダイヤモンドをカットした「トゥーアズワンダイヤモンド」、3つのダイヤモンドをカットした「スリーアズワンダイヤモンド」。地球上もっとも硬く純粋なダイヤモンドの結晶をお互いに持ち合うことによって、いつも傍にいるような強い絆を感じることができるはず。

Three-as-one Diamond
スリーアズワンダイヤモンド

例えばエンゲージリングとマリッジリングに。
3つのダイヤモンドはふたりの強い絆として永遠に輝き続けます。

Two-as-one Diamond
トゥーアズワンダイヤモンド

例えばエンゲージリングとプチペンダントに。
お世話になったお母様へのプレゼントとして、親子の絆が永遠に輝きますように。

親子の絆として…

お子様の誕生を祝うベビーリングにセットしてみては。ふたつのダイヤモンドが、二人の絆を一層深めてくれることでしょう。

輝きの証明 「Cutting Report」

「プレミアムラビィングハート」「ラビィングハート」には鑑定書とカッティングレポートをお渡しします。カッティングレポートには、より美しく輝くダイヤモンドの証として光学3D解析によって導かれた数値と、バイヤー、カッター、プロデューサーのサインが入ります。
「トゥーアズワン」「スリーアズワン」には、原石の写真を入れた証明書をお渡しします。

原石選びからカットまで

日本国内で直接カット・研磨まで行う企業はほとんどありません。
その技術をもつケイウノだから、最高の輝きを放つ良質な原石を世界の各産地から選りすぐっています。 プロのバイヤー、カッターが見極めた、輝きを最大限に引き出せる原石を使うことで、最高に輝くダイヤモンドを生み出しています。

4Cだけでは測れない魅力 ~ラビィングハートダイヤモンド~

一般的にダイヤモンドのグレードは、国際的なグレーディング基準である4Cに基づいて評価されています。しかし、実際は4C以外にもダイヤモンドの輝きに影響するものがあります。同じグレードでも輝きの強いものとそうではないものが存在するのです。ケイウノでは厳しい輝きの基準を設け、自社で原石から仕入れを行い、バイヤーがルーペで確認しながら一点一点検査を行っています。さらに、独自の光学3D解析により輝きを数値化し、その美しさを証明しています。

ケイウノのメレダイヤモンド

ケイウノでは、0.1ct未満のメレダイヤモンドにも厳しい基準を設け、バイヤーがルーペで1点1点確認し、3段階のグレードに分けてご提案しています。最上級グレードの「ラビィングハート」メレダイヤモンドは、サイズは小さくとも強く美しい輝きが特徴です。

「ラビィングハートダイヤモンド」輝きの6つの基準

詳細を見る
1. エクセレントカット以上でハートとアローが見える

2. K-uno 独自の光学3D解析で105%以上の輝き

ケイウノでは輝きを数値化し解析することに成功。
最新技術を駆使した光学3D解析によって従来のエクセレントカットの平均値よりも105%以上輝くダイヤモンドが誕生しました。

3. 同グレードと比較してインクルージョンが目立たない

インクルージョンとは、ダイヤモンドが地中深くで成長していく過程において、内部に取り込まれた結晶物や、
ダイヤモンド表面から見えるカケ・キズの総称で、天然石特有の証でもあります。
4Cのグレーディングは鑑定士がダイヤモンドを10倍拡大のルーペで見て、その大きさや位置、バランスなどを確認し決められます。
しかし、ケイウノでは、そのグレードだけでは本当の輝きを見極めることができないと考え、
バイヤーがインクルージョンがどのような種類でどの位置にどれだけあるか、輝きへの影響を考え厳しい基準のもとに検査を行っています。

  • ・フェイスアップで見た時にインクルージョンの面積が広く目立つ。
    光を広範囲で妨げるため石が暗く見える。

  • ・サイドから見るとインクルージョンは大きいがフェイスアップの位置からは細く目立たない。そのため上面へ返る光を妨げにくい。

  • ・中心部分のインクルージョンは目立ちやすく見た目の美しさを損ねる。

  • ・目立つクラウド。細かなインクルージョンが集まっていて、光の進行を妨げ曇って見える。

  • ・目立つカーボン。カーボンは透明インクルージョンと違い光を透過しないため光の反射を大きく妨げる。
    見た目も目立ち美しさを損ねる。

4. 輝きを最大限に引き出す素材

ダイヤモンドの結晶が成長する過程にできる「成長線」は輝きへの影響をもたらします。
紫外線を当てると青白く光る「蛍光性」のあるダイヤモンドは自然光の下ではオイリーな印象を与え、シャープな輝きを目にするのが難しいとされています。
どちらの性質も4Cのグレーディング項目には含まれていませんが、ケイウノではこのふたつの性質も考慮して更に深い検査を行っています。

  • ・成長線の目立つものは除外。成長線によって光の進行が妨げられる

  • ・蛍光性の強いものは除外。通常のダイヤよりも油をしみこませたような輝きに見える(オイリー)

5. 紛争地域からのダイヤモンドではない

ダイヤモンドが紛争と関係のない地域から供給されるように義務づける協定「キンバリープロセス」に日本は参加しています。
もちろん、私達ケイウノもこれにのっとっています。

6. 全てのラビィングハートにはカッティングレポートがつく

カッティングレポートとはカットの細かなプロポーションが記載されている証明書です。
また、そのクオリティーを保つ為に関わった専門家のサインも入っています。

キンバリープロセス ─ 紛争地域のダイヤは扱いません ─

キンバリープロセスとは、紛争地域のダイヤモンドは扱わない(輸入しない)という国際的な協定です。この協定では、輸入するダイヤモンド原石に、識別番号の付いた政府認証の証明書を添付することを義務付けられています。この証明書では、ダイヤモンドが紛争地域と関係のない地域から輸入されていることを示しています。
参加国間のみでダイヤモンドの輸出入が可能になり、証明書が添付されていないダイヤモンドの積荷は搬出入が許可されません。キンバリープロセスに日本も参加しており、私達ケイウノもこれに則っています。