いつ伝えればいいの?職場の上司や同僚に結婚の報告をするタイミング

フルオーダーで思いをカタチに

いつ伝えればいいの?職場の上司や同僚に結婚の報告をするタイミング

01

結婚が決まり、お互いの両親への挨拶も済ませたら、いよいよ結婚に向けて具体的な準備が始まります。その過程で不可欠なのが、職場での結婚報告でしょう。

結婚後も仕事や人間関係をスムーズに続けていくためにも、適切なタイミングで報告する必要があります。

就業規則を確認してみよう

社会人がおさえるべきことのひとつといえば、「報(報告)・連(連絡)・相(相談)」です。結婚が決まったあとの報告も、必要な“報”になります。

そして、業務上の報告と同様に、結婚の報告においても報告する人の順番やタイミングが肝心です。

結婚は私生活の変化ではありますが、生活に大きな影響を及ぼすため、仕事にも無関係ではありません。結婚に伴って、働き方を見直すことになる方もいるでしょう。

結婚すれば配偶者を得て社会的な立場が変わります。新郎と新婦が同じ部署に勤務していれば、結婚後の所属にも影響があるかもしれません。そうしたことを踏まえると、職場の上司や同僚への報告が必要不可欠であることがおわかりいただけると思います。

合わせて確認しておきたいのが、勤務先の就業規則です。結婚する際には社内で必要になる手続きも多く、就業規則にはそうした内容が記載されています。

また、職場によっては結婚に伴って特別な休暇を得ることができる場合もあるはずです。就業規則はきちんと確認しておきましょう。

職場に報告するタイミングとマナー

報告する順序

結婚が決まったことを職場で報告する場合、「直属の上司」「直属の上司より上位の上長」「職場の上司以外のメンバー」「それ以外の同僚や友人」の順序で報告するのが一般的とされています。

直属の上司は部下である自分の仕事を常に確認しており、仕事の采配や有休取得時などのカバー体制を考える立場です。職場に迷惑をかけることのないように、直属の上司へは一番に伝えておく必要があります。

ただし、派遣社員として勤務している場合、一番最初に報告するのは「派遣先の直属の上司」ではなく、「雇用契約を締結している派遣会社」です。担当の営業担当者の方などを介して連絡をとるようにしましょう。場合によっては、登録内容の変更手続きなどが必要になることもあります。

また、上司に直接報告する前に噂で伝わってしまうことだけは絶対に避けてください。結婚が決まってうれしくなる気持ちはわかりますが、ここは注意が必要です。

よく考えずに同僚に話してしまって、それが伝聞で上司に伝わってしまえば、上司にとっては無責任な態度と映ってしまいかねません。

報告のタイミング

基本的には、挙式の3か月から4か月前に報告するのが望ましいでしょう。

結婚と合わせて退職する場合は、後任の選定や引き継ぎなどの必要が生じます。また、新婚旅行で休暇を取得する場合も業務代行体制なども考えなければなりません。そのため、数か月単位で前もって伝えておく必要があるのです。

伝える時間帯としては、忙しい時間を避けてください。そして、同じ職場で働く新郎と新婦の場合は、ふたりでお互いの上司に報告するのがいいでしょう。

02

伝え方

一般的なケースで報告すべき内容としては、下記のようなことがあります。前提として、報告を的確・迅速に行うことができるよう報告内容を簡潔にまとめておくことが大切です。

・結婚が決まったこと
・結婚相手の簡単な情報
・今後の働き方や休暇予定についての希望
・挙式・披露宴に招待する・しない

特に女性の場合、結婚後も働く意向があるかどうか、妊娠・出産の意向があるかどうかというのは、勤務先や上司からすると気になるところです。今後の就業意向についてお相手と相談したうえで、上司に対してその希望を伝えるようにしましょう。

加えて、同じ部署に所属する新郎・新婦の場合は、どちらかが異動を命じられることもあります。お互いのキャリアパスや希望を妨げることのないよう、事前にふたりで希望を話し合っておき、上司にもそのことを伝えると、今後に対しての不安が少なくなるはずです。

配偶者の仕事によっては転勤が不可避で、自分が退職せざるを得ないケースも考えられます。もしそういう可能性があれば、結婚相手の情報を伝える際に概要を織り込んでおくと、上司としては安心です。

結婚式に招待するつもりであったり、結婚式のスピーチを依頼したいと考えているのであれば、報告と合わせてそのことを伝えておくとスムーズに進みます。反対に、結婚式に招待する予定がない場合は、「結婚式は身内だけで行う予定なのでご招待できない」というふうに伝えたほうがいいでしょう。

おわりに

結婚したあとも生活は続きます。その生活にとって、仕事はとても重要なものです。

祝福を受けて結婚し、その後もまわりの方に迷惑をかけずに仕事や人間関係を続けていくために、ツボをおさえた報告を心がけましょう。

この記事を書いた人

川口十子

川口十子

プロフィール

出版社の勤務経験を経て、フリーランスの校正者・ライターとして活動中。校正はビジネス書を中心に、ライター業では不動産関係から女性向け記事まで幅広いジャンルで執筆している。趣味はアンテナショップ巡りと写真撮影、今興味があるのは投資信託。

新着情報

image051701

ブライダルフェアに行って、ベストな結婚式場を選ぼう!

05/21 Mon

女性の憧れ「結婚式」。 素敵な結婚式場で両親や友人に祝福されて結婚式をあげたいですよね。 そこで重要なのが結婚式場選

image040901

タイプ別おすすめハネムーン先!海?景色?アート?

04/10 Tue

結婚式と並んで、一生の想い出となる「ハネムーン」。 人気なのは、やっぱりハワイなどの南国の島。でも「みんな行ってい

image03

あなたは何派?デザイン?美しさ?ブライダルネイル3つのタイプ

03/01 Thu

女性の晴れの舞台。「結婚式」女性が人生で一番美しい日ですね。この美しい日のために、花嫁さんはブライダルエステに脱毛とビュ

image01

プレ花嫁さん必見!入籍はいつにする?おすすめ結婚記念日6選

01/06 Sat

結婚が決まったプレ花嫁さん、おめでとうございます。これから苗字が変わり新しい人生が始まりますね。結婚は決めることがたくさ

01

【例文解説】感動的な結婚式にするための「花嫁の手紙」の書き方

07/10 Mon

結婚式にある数々の感動的なシーンのなかでも最高潮に達するのが「花嫁の手紙」の朗読でしょう。いざ自分で書こうと思うと、何を

01

結婚式はお金のかけどころで差が出る! ケチらずにお金をかけたい5個のこと

07/03 Mon

会場に衣装、食事……結婚式ではあれもこれもこだわりたいものですが、残念ながら予算は限られています。かといって、どれもこれ

01

安くて何度でも撮り直せると人気! 結婚式の「セルフ前撮り」に必要なものとアイデア

06/26 Mon

大好きな人と迎える結婚式では思い出に残るすてきな写真を残したいものですよね。一方で、結婚式当日は忙しく、じっくり写真を撮

01

ジューン・ブライドやブーケトスはいつから始まった? 意外と知らない結婚式にまつわる5つのジンクスの由来

06/14 Wed

結婚式といえばジューン・ブライドやブーケトスといったイメージが思い浮かびませんか?これらの定着した感のあるジンクスですが

01

「娘さんをください」は古い?彼女の両親への結婚挨拶で失敗する6つのパターン

05/29 Mon

結婚前の山場のひとつに両親への報告があります。自分の両親であれば気持ちは楽なものですが、相手の親御さんに結婚の意思を伝え

もっと読む