優柔不断な彼に結婚を決心させる! 逆プロポーズを成功させるための5個のポイント

フルオーダーで思いをカタチに

優柔不断な彼に結婚を決心させる! 逆プロポーズを成功させるための5個のポイント

ai0303

もうそろそろ結婚したいのに、パートナーがなかなかプロポーズしてくれない……そんな悩みをもつ方は、思い切って自分自身から「逆プロポーズ」を実行してみるのはいかがでしょうか。

逆プロポーズでパートナーの背中を押すことも必要

プロポーズといえば、男性の方から女性の方に対して行うのが一般的とされています。「逆プロポーズ」はその逆で、女性の方から男性の方に対して結婚を申し込むことです。

結婚の最適のタイミングはカップルによって異なりますから、早いことがいいこととは限りません。しかし、女性の方の場合、妊娠・出産を考えると、ある程度時間には限りがあります。

その他、キャリアプランやいろいろなことを考えても、できれば早いうちに結婚できればそれに越したことはないというのが本音でしょう。それならば男性の方からのプロポーズにこだわらず、女性の方からの逆プロポーズでふたりの関係を結婚へ向けてみるというのはひとつの有力な方法です。

逆プロポーズを成功させるための5個のポイント

一般的なプロポーズが男性から女性へなされることが大半であるなかで、逆プロポーズを成功させるには、おさえるべきポイントがいくつかあります。

ポイント1:逆プロポーズをする前に彼に結婚の意思があるかを見極めよう

逆プロポーズを実行する前に見極めておきたい最も重要な点は、彼に結婚の意思があるかどうかということです。結婚に対してはっきりした態度を示さない男性は、結婚したいと思っているものの言い出せないのか、それとも結婚したくないのか――およそどちらかになります。

前者であれば逆プロポーズは功を奏する可能性があります。後者の場合は、逆プロポーズの前に、彼が人生の伴侶になり得るのかどうかをはっきりさせておいたほうがいいかもしれません。

ポイント2:プレッシャーをかけすぎないように注意しよう

結婚はふたりでするものですし、今や共働きの家庭も多く、「男性の方が女性の方を養う」という価値観は薄れてきました。とはいえ、男性には今もなお「結婚=家庭を養うこと」という責任感がつきまとうようです。そのために、なかなか結婚に踏み切れないことも多いと思います。

そんな方には、男性が一人でプレッシャーを背負う必要はないというメッセージを伝えるなど「ふたりで頑張ろう」という話ができると、逆プロポーズもスムーズに進みやすくなるのではないでしょうか。

ポイント3:彼のプライドを傷つけないようにしよう

男性には多かれ少なかれ、プライドというものがあります。特に女性の方に対しては優位か同等でありたいという気持ちがある傾向にあり、あまりに強い言葉を投げかけられたり責められるようなことは傷つくものです。

人前などではなおのこと、男性にとっては人の目というものが気になってしまって、ちょっとした物言いが彼のプライドを傷つけてしまうかもしれません。男性の方がリラックスして本音を話せるような場所やタイミングを選ぶのが安心です。

0303

ポイント4:コツコツと準備を進めていく

逆プロポーズを成功させるためには、男性側に「結婚したいな」と思わせることが必要です。そのためには、彼のなかでの「結婚のイメージ」を最大に高めた状態で、彼の気持ちを結婚へと動かす、入念な準備が重要となります。

彼の気持ちを結婚へと高めるための普段からの会話、彼の気持ちをうまくのせるための話し方……どのような言動によってそれが可能になるか、十分に考えたうえできちんと準備しましょう。

ポイント5:タイミングを待とう

入念に準備を進めたら、あとはタイミングを待つだけです。ここで焦るとすべてが台無しになります。逆プロポーズを実行するタイミングや場所選びは慎重に行いましょう。

単純に逆プロポーズするシチュエーションだけでなく、彼自身の状況についても配慮することが大切です。仕事が忙しい時期、金銭的に余裕のない時期、体調を崩している時期……気持ちに余裕のない時期には結婚に気持ちが向くことはありませんし、自分勝手だと思われて終わってしまいます。

彼の性格に合わせて行動しよう

前述の「彼の気持ちを動かすための準備」とも重なりますが、重要なのは男性の性格、そして状況です。どういうタイミングで伝えれば結婚を考えてもらえるか、彼に“刺さる”ベストな逆プロポーズは相手次第となります。そして、そもそも逆プロポーズが適していない男性もいるかもしれません。

結婚を待ち望むあまり、何が何でもと焦って行動するのは禁物です。彼の気持ちをきちんと考えて行動しましょう。

おわりに

結婚に対するスタンスは人それぞれですし、男性が結婚に踏み切るには相応の“覚悟”が必要になることが多いといわれています。もしかすると、彼が「まだ結婚のタイミングではない」と決めているということもあるかもしれません。

しかし、彼にも結婚する気はあるのに性格的になかなか言い出せないといった方であったり、結婚には否定的ではないもののきっかけがないといった方の場合は、女性の方からの逆プロポーズが結婚を後押しする契機になるかもしれません。

この記事を書いた人

川口十子

川口十子

プロフィール

出版社の勤務経験を経て、フリーランスの校正者・ライターとして活動中。校正はビジネス書を中心に、ライター業では不動産関係から女性向け記事まで幅広いジャンルで執筆している。趣味はアンテナショップ巡りと写真撮影、今興味があるのは投資信託。

新着情報

image051701

ブライダルフェアに行って、ベストな結婚式場を選ぼう!

05/21 Mon

女性の憧れ「結婚式」。 素敵な結婚式場で両親や友人に祝福されて結婚式をあげたいですよね。 そこで重要なのが結婚式場選

image040901

タイプ別おすすめハネムーン先!海?景色?アート?

04/10 Tue

結婚式と並んで、一生の想い出となる「ハネムーン」。 人気なのは、やっぱりハワイなどの南国の島。でも「みんな行ってい

image03

あなたは何派?デザイン?美しさ?ブライダルネイル3つのタイプ

03/01 Thu

女性の晴れの舞台。「結婚式」女性が人生で一番美しい日ですね。この美しい日のために、花嫁さんはブライダルエステに脱毛とビュ

image01

プレ花嫁さん必見!入籍はいつにする?おすすめ結婚記念日6選

01/06 Sat

結婚が決まったプレ花嫁さん、おめでとうございます。これから苗字が変わり新しい人生が始まりますね。結婚は決めることがたくさ

01

【例文解説】感動的な結婚式にするための「花嫁の手紙」の書き方

07/10 Mon

結婚式にある数々の感動的なシーンのなかでも最高潮に達するのが「花嫁の手紙」の朗読でしょう。いざ自分で書こうと思うと、何を

01

結婚式はお金のかけどころで差が出る! ケチらずにお金をかけたい5個のこと

07/03 Mon

会場に衣装、食事……結婚式ではあれもこれもこだわりたいものですが、残念ながら予算は限られています。かといって、どれもこれ

01

安くて何度でも撮り直せると人気! 結婚式の「セルフ前撮り」に必要なものとアイデア

06/26 Mon

大好きな人と迎える結婚式では思い出に残るすてきな写真を残したいものですよね。一方で、結婚式当日は忙しく、じっくり写真を撮

01

ジューン・ブライドやブーケトスはいつから始まった? 意外と知らない結婚式にまつわる5つのジンクスの由来

06/14 Wed

結婚式といえばジューン・ブライドやブーケトスといったイメージが思い浮かびませんか?これらの定着した感のあるジンクスですが

01

「娘さんをください」は古い?彼女の両親への結婚挨拶で失敗する6つのパターン

05/29 Mon

結婚前の山場のひとつに両親への報告があります。自分の両親であれば気持ちは楽なものですが、相手の親御さんに結婚の意思を伝え

もっと読む