“平成”ストーリージュエリー

【ストーリー】 いずみさま

“平成という時代は人生の中で最もキラキラとした人生の一部です。私と一緒に人生を歩んでくれることを誓ってくれた主人に出会えたことに喜びを。私たち夫婦のブライダルリングはケイウノでオーダーしました。
エンゲージリングのダイヤモンドは主人が「いつか自分の妻になる人へ贈るために」とダイアモンドを買ってネックレスにし、毎月身に着けていたそうです。デザイナーの方と試行錯誤し、素敵なエンゲージリングを作っていただきました。もらった場所はベタですが、観覧車のてっぺんです。
平成後半に婚約、結婚と嬉しいイベントが立て続けにありましたが、最後の最後に一番の宝物・我が子の誕生です。
産声をきいたときのあの感動は今でも忘れられません。現在、ベビーリングをケイウノでオーダーをしていて、出来上がったら今度は私がそのリングを子供が大きくなるまで身に着けて、巣立っていく時に渡そうと思っています。”

【デザインコンセプト】

プロポーズされた観覧車をイメージしてお描きしました。12個の丸い宝石のうち、少し大きめの石はご家族の誕生石です。季節が巡り、増えていく沢山の幸せ。年を重ねていく喜びを感じて…。