“平成”ストーリージュエリー

【ストーリー】 れあねこさま

“運命の愛猫との出会い。物心ついたころから、「白猫」と「虹色」が大好きだった私。そんな私が中学2年生になった、平成10年。耳のたれた猫「スコティッシュフォールド」を初めてテレビで見て一目惚れ!「将来、スコティッシュフォールドの白い子を飼う!」と心に決めていました。
それから12年。真っ白で、耳がたれていて、足が短く、そして「オッドアイ」の、スコマンチの女の子の猫ちゃんと出会いました。「ももちゃん」と名付け、大切に大切に育てています。ももちゃんとの素敵な生活が6年経った頃、平成30年の夏でした。真っ白で、耳がたれていて、一つの瞳の中に二色の色が混ざっている目「ダイクロイックアイ」でスコティッシュフォールドの女の子と出会いました。名前は、珍しい「目」にちなんで、「アイちゃん」と命名しました。
そんな、個性あふれる、愛しい愛猫に出会えた平成は、私にとって最高の時代でした。”

【デザインコンセプト】

平成の時代に出会い、一緒に過ごしてきた楽しい想い出が、令和の時代により一層花咲きますように。「白猫」と「虹色」をイメージしてベースは白蝶貝、7色の色石を散りばめたお花畑に囲まれているももちゃんとアイちゃんをお描きしました。