“平成”ストーリージュエリー

【ストーリー】 ソラさま

“私は生まれて間もなくの頃、大病を患い生死を彷徨った時期があったそうです。「今夜が峠です」と聞き、絶望したという母。しかし、その後奇跡的に回復した私を抱っこして、病院のTVで「平成」の元号発表を見たと聞きました。赤ちゃんだった私ももう30歳になりました。”

【デザインコンセプト】

30年前ソラさまを抱きながら、新元号の発表を見たお母さまの目に映っていたのは「希望」なのかもしれません。ガーベラの花言葉”希望”とともに、内側には30年の月日を表す宝石、手のひら側には優しく包み込む腕のラインをイメージして。