よくある質問

ダイヤモンドについて

  • 【Q2-1】ダイヤモンドの”4C”って何ですか。

    4CとはGIA(米国宝石学協会)ダイヤモンドグレーディング基準のことをいいます。ダイヤモンドの個性とも言えるカラット(重量)、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カット(全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態)のことで、それぞれの英語の頭文字をとって、そう呼ばれています。ここで注意したいのは、ダイヤモンドの美しさは、4Cの評価だけで決まるものではないということ。4Cだけでは測りしれない魅力があるからです。ちなみに、ケイウノでは素晴らしい輝きを持つラビィングハート(商標)のダイヤモンドを扱っています。 4Cのうち、目で見て最もわかりやすいのがカラットでしょう。大きさだと思われている方が多いようですが、正確にはダイヤモンドの重さで、1カラット(ct)は0.2gです。カラットという言葉は、その昔ダイヤの量を計る重りに使われていたキャロブシード(いなご豆)が一粒0.2gだったことに由来しています。同じカラットでも、ダイヤの形状によって大きさも違ってきます。また重量が重いほど当然希少性も高くなりますが、カラットだけがダイヤの価値を決める基準にはなりません。 マスターストーンと比較しながら、無色透明をDカラーとして一般的には黄色味を帯びてくるZまで23段階に分かれています。また綺麗な色のついたファンシーカラーと呼ばれるダイヤモンドもあります。ファンシーカラーは別の価値として取り引きされています。 ダイヤモンドの透明度を評価する基準がクラリティです。内部の特徴(インクルージョン)と外部の特徴(ブレミッシュ)で見ます。評価は11段階で、特徴が少ないほどグレードが上がり、希少性も高くなります。一般にSI以上のグレードだと、肉眼ではインクルージョンもブレミッシュもほとんど見えません。クラリティはキズではなく、自然の結晶が生んだ特徴や個性といえます。 4Cの中で、このカットだけが人間の手によるもので、その良し悪しが輝きにも影響してきます。 グレーディングレポートでは、プロポーションとフィニッシュによって総合評価され、その総合評価はエクセレント・ベリーグッド・グッド・フェアー・プアーの5段階に分けられています。ダイヤの輝きを最も発揮するのはラウンドブリリアントカットとされ、その他のカットはファンシーカットと分類されています。ラウンドブリリアントカットには、最も理想的とされるカットバランスが定められており、それを基準とし、減点法により5段階に評価されます。

  • 【Q2-2】ケイウノのダイヤモンドのこだわりは何ですか。

    ケイウノのダイヤモンドは『輝き』が特別です。
    4Cだけを輝きの基準としてルースを扱うお店が一般的ですが、輝きの要素は4Cだけではありません。例えば、輝きに影響する場所に内包物があったとしても、その位置は4Cの評価には影響がありません。つまり、同じグレードでも輝きの強いものとそうではないものが存在するのです。ケイウノでは厳しい輝きの基準を設け、自社で原石から仕入れを行い、バイヤーがルーペで確認しながら一点一点検査を行っています。そうすることによって、例えばSIグレードでも、より輝きの強い良質のSIグレードをご提供しております。またお店では、お客さまにダイヤの中まで専用のスコープで見ていただき、輝きを確認してご購入いただいております。

  • 【Q2-3】ラビィングハートダイヤモンドって何ですか。

    「ラビィングハートダイヤモンド」輝きの6つの基準

    ①エクセレントカット以上でハートとアローが見える


    ②K-uno独自の光学3D解析で105%以上の輝き
    ケイウノでは輝きを数値化し解析することに成功。最新技術を駆使した光学3D解析によって従来のエクセレントカットの平均値よりも105%以上輝くダイヤモンドを選別しています。

    ③同グレードと比較してインクルージョンが目立たない
    インクルージョンとは、ダイヤモンドが地中深くで成長していく過程において、内部に取り込まれた結晶物や、ダイヤモンド表面から見えるカケ・キズの総称で、天然石特有の証でもあります。
    4Cのグレーディングは鑑定士がダイヤモンドを10倍拡大のルーペで見て、その大きさや位置、バランスなどを確認し決められます。
    しかし、ケイウノでは、そのグレードだけでは本当の輝きを見極めることができないと考え、インクルージョンがどのような種類でどの位置にどれだけあるか、輝きへの影響を考え厳しい基準のもとにバイヤーが検査を行っています。
    ④輝きを最大限に引き出す素材
    ダイヤモンドの結晶が成長する過程にできる「成長線」は輝きへの影響をもたらします。紫外線を当てると青白く光る「蛍光性」のあるダイヤモンドは自然光の下ではオイリーな印象を与え、シャープな輝きを目にするのが難しいとされています。どちらの性質も4Cのグレーディング項目には含まれていませんが、ケイウノではこのふたつの性質も考慮して更に深い検査を行っています。

    ⑤紛争地域からのダイヤモンドではない
    ダイヤモンドが紛争と関係のない地域から供給されるように義務づける協定「キンバリープロセス」に日本は参加しています。もちろん、私達ケイウノもこれにのっとっています。

    ⑥全てのラビィングハートにはカッティングレポートがつく
    カッティングレポートとはカットの細かなプロポーションが記載されている証明書です。また、そのクオリティーを保つ為に関わった専門家のサインも入っています。

  • 【Q2-4】トゥーアズワン ダイヤモンドって何ですか。

    1つの原石からカットしてできる2つのダイヤモンドです。
    地球上で最も硬く、数億年の歳月によって育まれた原石とケイウノのクラフトマンの卓越した技術が出合い、誕生しました。
    2つのダイヤモンドをお互い持ち合うことによって、いつも傍にいるような強い絆を感じることができます。1つは女性用のエンゲージリングにセットして、もう1つは男性用のマリッジリングの内側にセットするのもおすすめです。

  • 【Q2-5】どのようにダイヤを仕入れているのですか。

    ケイウノでは原石からの仕入れも自社で行っています。世界中にネットワークをもち、プロのバイヤーが確かな目で厳選して仕入れを行っています。

  • 【Q2-6】ロシア産のダイヤが綺麗だと聞いたのですが…。

    一概にロシア産の鉱山だからといって全てが綺麗なダイヤモンドとはいえません。良質な原石を産出する鉱山であっても採掘されるもの全てが良質な原石とは限りません。良質な原石は大変数が少なく一つの鉱山から安定して仕入れられないのが現状です。ケイウノでは世界中から選りすぐった原石を仕入れる方法をとっています。

  • 【Q2-7】紛争地からのダイヤモンドってあるんですか。

    紛争地ダイヤモンドとは、戦争で疲弊している地域、とくに中央および西部アフリカでの紛争の資金源とするために、違法に取引されているダイヤモンドを言います。現在、世界のダイヤモンドの99%以上が紛争と関係のない地域から採掘され、国連で義務付けられているキンバリー・プロセスに基づいて正規に輸出入されています。 ケイウノもそれに基づいて輸入しております。

  • 【Q2-8】鑑定書は付きますか?

    基本的に 4C の表記されているケイウノのダイヤモンドには鑑定書がつきます。一般的にはGIA(米国宝石学協会)基準に基づき専門家が検査した結果が鑑定書で表されています。
    ※0.1ct以下のメレダイヤモンドや鑑定に出していないダイヤモンドには鑑定書は付きません。有料にて鑑定に出すことは可能ですので、ご相談ください。
    ラビィングハートダイヤモンド・プレミアムラビィングハートダイヤモンド・スィートリックダイヤモンドには、特別にケイウノ独自に発行しているカッティングレポートをお渡しいたします。それぞれの高い基準をクリアしている選び抜かれた輝きを放つダイヤモンドであることの証明書です。

  • 【Q2-9】ピンクダイヤはありますか。

    ケイウノでは天然のピンクダイヤを扱っています。色味も2種類ご用意できます。他にもブルー、イエロー、ブラック、ブラウンといったカラーダイヤがございます。 仕入も自社で行うケイウノならではのカラーバリエーションかと思います。

  • 【Q2-10】丸い形以外のダイヤモンドもありますか。

    ケイウノではラウンドブリリアントカット(丸い形のダイヤモンド)以外の取り扱いもございます。ラウンドブリリアントカット以外のカットはファンシーカットと呼ばれ、それぞれに輝き方や形の魅力があり、多くのファンがいます。「シンプルでもちょっと皆が持っていないようなデザインが欲しい」そんな方におすすめです。またそのダイヤの形の魅力を充分に生かしたデザインもご提案いたします。

  • 【Q2-11】予算があるのですが、だいたいいくら位するのでしょうか。

    ケイウノでは数多くの価格帯のルースをご用意しておりますので予算内でのご提案も可能かと思います。

    ■参考価格■(0.3ct台ラウンドブリリアントカットの場合)

    ノーマル
    ¥150,000~
    ラビィングハート
    ¥244,600~
    プレミアムラビィング
    ¥359,200~
    ノングレード
    ¥65,000~

    ※大量仕入れによりお値打ち価格でご用意しているダイヤモンドもございます。