ケイウノを選ぶ理由

Interview with K.uno staff

  • #ALL
  • #事業優位性
  • #オーダーメイド
  • #ジュエリーの魅力
  • #ブライダル
  • #説明会・選考内容
  • #未経験
  • #働き方もオーダーメイド
  • #働く仲間
  • #お客さまと深く付き合える
  • #幸せや喜びを提供
  • #自分の想いと一致
  • #成長できる
  • 01

    女性の美しいものへの欲求は、ずっと絶えずある

    アドバイザー

    #働く仲間#ジュエリーの魅力#事業優位性

  • 02

    コンセプトに対するスタッフの姿勢

    アドバイザー

    #自分の想いと一致#働き方もオーダーメイド#働く仲間#成長できる

  • 03

    商品が手元に届くまでのすべてに携われる

    アドバイザー

    #自分の想いと一致#オーダーメイド#事業優位性#お客さまと深く付き合える

  • 04

    自分のアイディアで人を笑顔にできる仕事

    アドバイザー

    #ブライダル#自分の想いと一致#幸せや喜びを提供#お客さまと深く付き合える#働く仲間#成長できる

  • 05

    自分の行動が人の喜びになる仕事に就きたかった

    アドバイザー

    #自分の想いと一致#幸せや喜びを提供

  • 06

    幸せの瞬間を、変わることのない形に残す

    アドバイザー

    #自分の想いと一致#ブライダル#幸せや喜びを提供#お客さまと深く付き合える#説明会・選考内容

  • 07

    一度失敗をして、今のケイウノのスタイルがある

    デザイナー

    #オーダーメイド#説明会・選考内容

  • 08

    “デザイナーになりたい”長年の夢に挑戦!

    デザイナー

    #自分の想いと一致#説明会・選考内容#未経験

  • 09

    パンフレットに載っていたリングに一目惚れ!

    デザイナー

    #ジュエリーの魅力#働く仲間#働き方もオーダーメイド

  • 10

    目の前のお客さまのためにデザインできる

    デザイナー

    #オーダーメイド#幸せや喜びを提供#説明会・選考内容

  • 11

    お客さまにワクワク感ドキドキ感を伝えていく

    販売教育

    #幸せや喜びを提供#自分の想いと一致

  • 12

    “楽しく稼いだお金でご飯を食べていく!”を叶える

    クラフトマン

    #ジュエリーの魅力#オーダーメイド#事業優位性#幸せや喜びを提供

  • 13

    毎日新しい物を生み出し続けられるという刺激的な仕事

    クラフトマン

    #説明会・選考内容#オーダーメイド#ジュエリーの魅力#成長できる

  • 14

    「一番幸せになれる選択をしてほしい」という言葉

    クラフトマン

    #オーダーメイド#幸せや喜びを提供#説明会・選考内容#働く仲間

  • 15

    自分が生み出したものを、誰かが一生大切にする。

    クラフトマン

    #幸せや喜びを提供#オーダーメイド#未経験

  • 16

    お客さまに喜んでいただける引き出しがたくさんある

    営業

    #自分の想いと一致#幸せや喜びを提供#事業優位性

  • 17

    期待には応え、予想は超える。心に残るデザイン

    宣伝企画

    #自分の想いと一致#オーダーメイド#働く仲間

  • 18

    真剣に耳を傾けてくれる上司と上層部

    情報システム

    #自分の想いと一致#事業優位性#働く仲間

  • 19

    「あとちょっと」を叶えるケイウノの一員になりたい

    経理

    #ブライダル#幸せや喜びを提供#自分の想いと一致#説明会・選考内容#成長できる

アドバイザー

小鹿 雄吉(2005年)

01女性の美しいものへの欲求は、ずっと絶えずある

業種問わず説明会を回っていて、社員が格好良いか否かが企業選びの1つでした。帰りの電車でくたびれたスーツを着て、疲れたサラリーマンにはなりたくない…そんな気持ちの中、ケイウノの男性社員はすごく格好良かったのを覚えています。また、事業の存続性においても、“女性の美しいものへの欲求は過去も今もあり、未来にもある”という考えを持っていたので、化粧品メーカーなども視野に入れていました。形は変わろうとも何十世紀も消えずに存在してきた「ジュエリー」という分野で、かつオーダーメイドの事業優位性をもつケイウノには未来を感じて入社しました。

アドバイザー

中 穂乃花(2018年)

02コンセプトに対するスタッフの姿勢

一度きりの接客ではなく、お客さまに「中さんだから」と信頼していただける関係を築く接客をしたいという思いから、ジュエリーだけではなくディーラーや保険会社、不動産など視野にいれて就活をしていました。
そんな中、ケイウノはお客さまに対しての意識が強く、コンセプトに対するスタッフの姿勢に感動したことを覚えています。面接を受けていても、スキルはもちろんのこと、人として個性を知ろうとしているのを感じました。先輩方の所作も綺麗で、ケイウノで働けば女性としても成長できそうと思えたのも大きかったです。
そして、女性が多いからこそ「オーダーメイド勤務制度」などが整っており、産休・育休等をとって長く勤めることができると思いました。お客さまに対してだけではなく、社内でも「相手本位」という姿勢を大切にしているのは、この会社の素敵なところです!

アドバイザー

奥田 健人(2018年)

03商品が手元に届くまでのすべてに携われる

就活で大切にしていた軸が、「自分の仕事が、大きなプロジェクトの一部に埋もれるものではなく、1から10まで関わることのできる仕事である」ということでした。会社説明会でケイウノと出合い、想いをカタチにできるオーダーメイドの素晴らしさと可能性を感じました。
そして、お客さまとその場限りではない長く続く関係が築けること、ただ売るだけの仕事じゃない、という点にも強く惹かれました。「オーダーメイド」「メイドインジャパン商品」への憧れもあり、自分の仕事に誇りを持てることも大きな決め手でした。

アドバイザー

久保 清香(2016年)

04自分のアイディアで人を笑顔にできる仕事

ブライダルをはじめ、「自分のアイディアで人を笑顔にできる仕事がしたい」を軸に幅広く就職活動をしていました。そんな中、人生の節目に贈るすべてのアイテムに対応できること、想いを込めて特別な瞬間を彩る事業に携われるケイウノは特別でした。
また、ケイウノで働く人たちに憧れたのも決め手のひとつです。トレンドに敏感で美意識があることはもちろん、人を想い、多くの人に愛される方がいっぱいいます。“幅広い価値観の方に対応でき、相手を思いやれる人間力を身に着けたい”という個人的な想いもあり、ケイウノであればそれを養うことができると思い入社を決めました。

アドバイザー

三井 今日子(2012年)

05自分の行動が人の喜びになる仕事に就きたかった

会社説明会でスライドが流れ、その中の一言に私の想いと同じような言葉があり、衝撃を受けました。“こんなに私の想いと一致している会社なのであれば、私が求めていることがここでできる!”と思ったことをよく覚えています。
ジュエリー業界はケイウノしか受けませんでした。ジュエリーという点で惹かれたのではなく、ケイウノのお客さまへの想いに感銘を受けたからです。私がお手伝いをしてオーダーメイドでお客さまと一緒に作り上げるジュエリーが、お客さまの大切な宝物になり、喜んでいただくことが出来る…。ケイウノでの仕事は、私が思い描いていた以上のものがありました。

アドバイザー

黒田 百花(2019年)

06幸せの瞬間を、変わることのない形に残す

テーマパークでアルバイトをしていた経験から、一人ひとりの大切な節目に携わり、思い出に残るような仕事をしたいと思うようになりました。そのうちブライダルに興味を持ち、幸せが溢れる会社で多くの人を笑顔にしたい!と思うようになって、たくさんの選考を受けました。
そんな中、一度きりの結婚式ではなく、幸せの瞬間を変わることのない形に残せて、お客さまの人生へ深く関わりながら提案をしているケイウノにとても魅力を感じました。選考では、私自身を深く知ったうえで内定をもらえた感覚があったのも、決め手のひとつです!

デザイナー

川田 有規(2009年)

07一度失敗をして、今のケイウノのスタイルがある

当時、ジュエリーに特別興味があったわけでは無く、プロダクトデザイン・広告デザイン・Webのデザイン等、幅広く見ていました。デザイン室にこもってデザインを起こしていく会社が多い中、ケイウノはデザイン職なのに華やかで、目の前で描くデザインパフォーマンスにも感動!
そして、社長の“一度失敗をして、多額の借金を作り、そこからお客さまの本当の喜びを考えて、今のケイウノのスタイルが出来た”という話も印象的でした。
モノづくりにも興味がありクラフト職でエントリーしましたが、最終面接で社長から「あなたはデザイナーの方が向いている。デザイナーにならないか」と言われ、迷った結果、自分の適性を見ていただけたと思い、デザイナーとして入社を決めました。

デザイナー

谷口 朋子(2017年)

08“デザイナーになりたい”長年の夢に挑戦!

小さい頃からデザイナーになりたいという夢はありましたが、美大にも専門学校にも行ったことがなく、半ばその夢を諦めかけていた私はケイウノのデザイン職以外はすべて総合職の採用を受けていました。
ケイウノの選考では周りの就活生の絵の上手さに圧倒され、他の就職活動では感じなかった“悔しさ”を毎回感じていました。自分の未熟さを痛感していた状況で内定をもらったので、今の実力ではなく、これからの私の可能性を見て採用してくれたことを感じ、教育制度も充実していたので、長年の夢に挑戦してみようと入社を決めました。

デザイナー

山田 香織(2003年)

09パンフレットに載っていたリングに一目惚れ!

美大に入るために高校2年から美術の予備校に通っており、絵や色彩、粘土作品などその頃からずっと作っていました。大学では金属加工をしており、そんな中ケイウノに出合って、パンフレットに載っていたリングに一目惚れ。ぽってりとした立体感や、他には無い曲線に惹かれて、“こんなデザインを自分も描いてみたい!”と強く思いました。
入社してみると、デザインだけではなく働く人も素敵でした。お客さまに対してだけではなくスタッフ間でも、一人ひとりと対話をして、一緒に考えてくれる優しさに溢れる会社です。自分に出来ることは何か、きちんと考えて行動できる人がいっぱいいます。今は私も「オーダーメイド勤務制度」を利用して子育てと両立しながら仕事を続けられているので、その点も非常に助かっています。

デザイナー

横山 静(2013年)

10目の前のお客さまのためにデザインできる

一般的な企業のデザイナーは、デザインした商品がどのようにユーザーに受け取られるか反応を直接見ることはほとんど出来ません。ケイウノでは目の前のお客さまと直接お話しをしながら、そのお客さまだけの特別なジュエリーをデザインすることが出来ます。営業やクライアントを通さず、目の前のお客さまに喜んでもらうためのデザインができるところに大きな魅力を感じました。
デザイン職の採用はよく実技試験や事前課題がありますが、ケイウノは試験を受ける度に細やかなフィードバックもしてくれ、教育面でもしっかりサポートしてくれる会社だと感じられたのも決め手でした。

販売教育

清水 茉有佳(2006年)

11お客さまにワクワク感ドキドキ感を伝えていく

「人に喜んでもらえる仕事」を軸に就職活動をしていて、ケイウノの【お客さまに特別な感動と喜びを贈り続ける】という会社のコンセプトや事業内容に強く共感しました。
そして、あたたかみを感じる店内、目の前で1枚2~3分であっという間に描かれるデザインパフォーマンス、店舗内に併設された工房からモノづくりの音が響く様子は、当時の私に強いワクワク感ドキドキ感を感じさせてくれました。
ケイウノに入社し、オーダーメイドのジュエリーを通して、お客さまにワクワク感ドキドキ感を伝えていく人になりたい!と思いケイウノを選びました。

クラフトマン

後藤 香(2013年)

12“楽しく稼いだお金でご飯を食べていく!”を叶える

宝飾の専門学生の時、学校行事でケイウノの社員と話す機会がありました。私の作った一粒石のペンダントトップを見て「上手だね」と言ってもらい、すごく嬉しかったことを覚えています。選考を受けると偶然にも面接官がその先輩で、どこか縁を感じていました。
様々なジュエリーブランドを見ていましたが、セミオーダースタイルが多い中で、ケイウノのフルオーダーには圧倒的な強さを感じました。つくり手としてどんな人生を送りたいか、という根幹に立ち返った時、「お金を稼ぐなら自分のやりたいことをやる」という目標が叶えられるのはケイウノだ!と思い、入社を決めました。

クラフトマン

清水 宗貴(2007年)

13毎日新しい物を生み出し続けられるという刺激的な仕事

宝飾の専門学校でジュエリー作りをしていましたが、当時は自分が満足するものだけを作っていました。会社説明会でケイウノのオーダーメイドを知り、仕事として求められるクオリティの高さに圧倒され、技術の未熟さを痛感。“自分もこんなハイクオリティなジュエリーが作れるようになりたい!”と思うようになりました。
当時、イニシャルを凹凸で表現してペアで重ねて繋がるデザインなど、他にはないジュエリーに感動したことも覚えています。オーダーメイドというとお客さまにとって特別なものですが、つくり手としても毎日新しい物を生み出し続けられる点は非常に大きな魅力です!

クラフトマン

家村 清美(2014年)

14「一番幸せになれる選択をしてほしい」という言葉

オーダーメイドを通じて、お客さま一人ひとりと向き合うことができる、そしてそれがお客さまにとってかけがえのない宝物になると思うと、想像しただけでワクワクし、やりがいのある仕事だと感じました。
他社からも内定をもらい悩んでいると個別面談の時間を設けてくれて、面談の最後に「あなたならどちらへ行っても素敵に働いていける。悔いが残らないようにあなたが一番幸せになれる選択をしてほしい」と言ってくれました。相手本位で考えてくれたその言葉に私はとても感動し、この会社で働きたい!と強く思いました。

クラフトマン

宮森 顕吾(2011年)

15自分が生み出したものを、誰かが一生大切にする。

プライベートではフィギュアの原型製作に明け暮れ、四六時中モノづくりに没頭する生活を送っていました。モノづくりに関わることのできる会社を探して就職活動をする中、たまたま行ったケイウノの説明会で、「世界に一つだけの、想いが入った宝物」を自分の手で創り出すことができることに魅力を感じました。
そして、通って来た道は違うが、同じモノづくりで培った自分の加工スキルがジュエリーという未知の世界にどれほど通用するのか確かめたい、挑戦したいと思いもあり、ケイウノへの入社を決めました。

営業

吉岡 由宇(2017年)

16お客さまに喜んでいただける引き出しがたくさんある

男性は特に「ジュエリーに興味がない」という方が多いです。でも、婚約指輪・結婚指輪は、一生に一度の高額なお買い物。せっかくならお客さまにとって特別な想いや感動と共に選んでいただきたいし、その為にモノの魅力を最大限に伝えられる人になりたいという想いがありました。
ケイウノなら、オーダーメイドで30年以上ジュエリーを作り続けてきたノウハウがあり、お客さまに喜んでいただける引き出しがたくさんあると感じたので、入社を決めました。

宣伝企画

渫口 えりか(2018年)

17期待には応え、予想は超える。心に残るデザイン

芸大でプロダクトデザインを学んでおり、“期待には応え、予想は超える、誰かの心に残るデザインがしたい”と考えていました。そんな中、ケイウノのオーダーメイドで“あとちょっと”を実現している姿に、なんて素敵なことをしている会社だろう!と惹きつけられたのを覚えています。
そして、選考中に数回足を運んだだけでも、お客さまの「ありがとう」がスタッフの動力源になっているということが伝わってきて、働く方が魅力的に映ったのも、選んだもう一つの理由です。外見や服装だけでなく、内面や所作、仕事に対する姿勢が美しい方が多く、憧れる先輩がたくさんいます。

情報システム

木村 和幸(2017年)

18真剣に耳を傾けてくれる上司と上層部

「製造~販売まで広範囲な業務に携われるなんて、プロジェクトマネージャー・SEとしては面白すぎでしょ!」と思ったのが始まり。 自社一貫でオーダーメイド事業を行うケイウノを知り、その事業優位性に惹かれました。さらに、当時システムメンバーがたったの7人と知って、500名規模の会社を回すなんてどうやっているんだ!?と驚いたのを覚えています。
中途入社から数年経った今、企画・設計の上流から、開発・定着の下流までの全工程を、幾度も実施させてもらいました。費用対効果の見込める企画に真剣に耳を傾けてくれる上長と上層部、今を打破する為に一緒に苦悩し試行錯誤してくれる仲間達。選んで良かったとつくづく思っています。

経理

藤田 郁弥(2016年)

19「あとちょっと」を叶えるケイウノの一員になりたい

ブライダル業界を見ていた中でケイウノに出合いました。私自身、身長が小さいので服や靴を買う時に「もう少しこうだったらいいのに…」と思うことが多くあり、ケイウノの「あとちょっと」の気持ちを叶えるという部分に共感し、私もケイウノの一員になりたい!と思いました。
また、選考も決まりきった内容ではなく、会話の中で私自信を引き出してくれて、「私自身を知ろうとしている気持ち」がとても感じられました。私もこんな風に相手を思いやりながら、その時々の相手に合ったベストな仕事が出来るようになりたいと思ったのも、決め手の一つです。