『世界に一つしかない
 特別なデザインを生み出せる』

DESIGNER
栄店

箕輪 詩織 Shiori Minowa
2017年入社

業務の役割、仕事内容は何ですか?

お客さまのご要望を伺いながら、その場でデザイン画を描き提案を行う仕事です。Web上で提案する「簡単オーダーメイド体験」や、デザイナー不在店舗向けの遠隔対応も行います。また、お客さまへ企画提案するデザイン画の製作や、受注品の加工指示書記入・チェックも大切な仕事です。
担当業務としては、全デザイナーから集められたデザイン画の中から素敵な提案をピックアップし、共有する取り組みも行っています。

仕事をする上で求められる姿勢やスキルは何ですか?

デザイン提案においては、経営理念と同じ「お客さまに特別な感動と喜びを贈り続ける」という気持ちを持つことです。
その都度の接客でお客さまの心を動かすには自分が持っている知識ではまだまだ足りないので、雑誌を読み込みトレンドを研究したり、休みの日は外に出向き季節の花を観察するなど、日々勉強して更に良い提案ができるよう心掛けています。  

仕事をする上で困難なことは何ですか?またそれらにどう挑んでいますか?

お客さまのニーズを理解し、満たした上で想像を超えていくような提案が時には難しくあります。ケイウノの場合は、その場で生み出すスピード感と感動を生むパフォーマンス性も重要になってきます。
まだ経験が浅い頃、観劇が趣味というお客さまから「エメラルドを使ったゴージャスなファッションリングを作りたい」というご依頼がありました。明確なイメージも、石もお持ちでなく、「提案次第で決めようかな」というお客さま。ご期待を超えるようなデザインをどのように提案していくか、とても頭を悩ませました。エメラルドに合う世界観を連想したり、お客さまの雰囲気からイメージを膨らませたり…短い接客時間の中で、自分に出来る限りの挑戦しました。
そして、たくさんご提案した中でお気に召していただけたのは、「孔雀の羽」をモチーフにしたデザイン。エメラルドの美しい色から連想したデザインでした。ハイジュエリーのモチーフとしてもよく用いられることも勉強して学んでいたこともあり、お客さまの“ゴージャスなリング”というご希望に沿うことが出来たのだと思います。
接客で悩んだり自分の非力さを感じる場面はまだまだありますが、先輩のアドバイスも参考にしながら、挑戦を続けています。

仕事のやりがいや面白さはどんな点にありますか?

お客さまと会話しながらデザイン提案を行うため、どこにでもあるデザインではなく、その方だけの世界に一つしかない特別なデザインを生み出せるのがこの仕事の一番の魅力です。
先日、大好きなペットをモチーフにしたジュエリーをご注文いただきました。ポメラニアンの“ココアちゃん”の写真を拝見をしながら、どんな性格なのかなどお客さまとお話しする中で想像を膨らませ、首の角度など細やかな部分にもこだわったデザインでした。デザイン画を見た時に「まるでこの子を実際に見たことがあるみたい!身に着ける自分を想像すると、とてもワクワクする」ととても喜んでくださいました。お客さまと会話しながらデザイン提案をするケイウノだからこそ、喜ぶ顔を直接見ることができます。私の絵によって心から喜んでくださったとき、この上ない幸せを感じます。

なぜケイウノを選んで入社しましたか?

小さい頃から絵を描いたり物を作ったりするのが好きで、将来は美術やデザインに携わる仕事がしたいと思い続けてきました。そのためデザイン職で探していたのですが、新卒1年目からデザイナーとして仕事がでるというのは他にありませんでしたし、何より説明会での今後の研修や仕事の流れがとても明確だったのが決め手です。自分がここで働いたら…という想像が一番付きやすく、会社の経営理念にも共感できたので、入社を決めました。

入社してから、どんな点において成長しましたか?

「相手の気持ちを想像して行動する」という意識を持つようになった点です。
例えば、ジュエリーがお好きなお客さまにはお持ちのジュエリーとの組み合わせも考えながら金属の種類を提案したり、自分が接客していないときも接客中のスタッフがスムーズに対応できるよう伝票の作成を先回りして行ったり…「相手本位」の行動を心掛けるようになったのは、ケイウノに入ってから学んだ部分です。

将来的にどう成長していきたいですか?

これからも加工の知識や自分のアイデアストックを増やしていき、リングだけでなくティアラやバングルなどアイテムのジャンルにとらわれず、様々な提案ができるデザイナーになりたいです。和装で使う帯留めや簪などの分野はまだ勉強しきれていないので、雑誌を読んだり実際にお店に足を運び勉強しています。

1日の仕事の流れ

10:30~
出勤、朝準備、店舗のクオリティチェック
11:00~
自分の仕事確認、受注した商品のデザインチェック、簡単オーダーメイド体験対応
12:00~
接客
14:00~
お昼
15:00~
加工指示書記入
15:30~
接客
18:00~
企画デザイン画作成
20:00
退勤

ケイウノの良いところを教えてください。

ケイウノの良いところは、スタッフも“その人らしさ”を活かせるところだと思います。
いつも同じ接客ではなく、世間話をしながらお客さまに合わせて自分なりに変化をつけて対応するので、そういった工夫がお客さまの居心地の良さを生み、「箕輪さんに対応して欲しい」というご指名にも繋がります。
服装も制服ではないので、好きな色や素材、ジュエリーを組み合わせてその人らしさを演出できます。会社の型にはまるのでなく、自分の良さを生かして伸ばしていくことができるのがケイウノの良いところの一つです。
また、デザイン職としては珍しく1年目でもデザイナーとして仕事ができ、一人のデザイナーが生み出すデザインは、年間1000種類ほど。会社の意向で最終的にデザインが変わってしまう…ということもないですし、消耗品ではなく一生の宝物として大切にしていただける、というのはケイウノのデザイナーの良いところだと思います。

ケイウノに向いている人はどんな人だと思いますか?

デザイナーだと特に研修も多く、自宅での練習も必要になってくるため、自分から積極的に学ぶ姿勢がありコツコツ努力を続けられる人が向いていると思います。
また、ケイウノはジュエリー以外にも時計やアパレルもあるので、いろんなジャンルに興味を持てる人はケイウノにぴったりです。

上司から見た箕輪さん

箕輪さんは、何事もこまめにこつこつ継続することを得意としてくれているため、デザイン提案など接客以外の業務も安心して任せることが出来るスタッフです。全デザイナーから集められたデザイン画の中から、素敵な提案をピックアップして、分かりやすくまとめて全店に欠かさず共有してくれています。
また、報連相を怠らず、慎重でミスも少ないため、より柔軟な対応力が求められる百貨店店舗にも多く勤務してもらっています。最近ますます絵も上達し、顧客さまも増えてきた箕輪さんには、今後のさらなる活躍を期待しています!

同期から見た箕輪さん

安心感があるデザイナーです。お客さまとの関係性を築くことが上手で、箕輪さんが描いてくれたからこのデザインがいいと言うお客さまからの支持もあります。落ち着いた雰囲気でありながらも、明るく素敵な笑顔の持ち主。箕輪さんが席に入ると全体の雰囲気が明るくなります。メキメキとデザインの引き出しを増やし、人知れず努力する姿はとっても尊敬しています。