『何千年先にも形の残るジュエリーを
 自分の手でデザインできる』

DESIGNER
デザイン課 課長

木谷 由佳 Yuka Kitani
2008年入社

業務の役割、仕事内容は何ですか?

販売部デザイン課の課長として全デザイナーを統括しながら、お客さま対応や商品開発の提案も行っています。お客さま対応は主に難易度の高いファッションジュエリーのご対応をメインにすることが多いです。
マネジメント業務では、販売実績に基づいた分析や育成、ナレッジ作成、店頭ディスプレイのコントロール、勉強会やフェアの開催など多岐に渡ります。
デザイナー職はケイウノの事業優位性であり、顔でもあります。武器であるデザインパフォーマンスで、お客さまに特別な感動と喜びを贈り続けていくことが大事な使命だと思っています。

仕事をする上で求められる姿勢やスキルは何ですか?

様々な価値観のお客さまがいらっしゃるので、日々好奇心を持って様々なジャンルにアンテナをはり、知識を身に着け、デザインを生み出すための努力をし続ける姿勢が大切です。
高額なジュエリーをお任せいただくシーンも多く、それに見合ったお客さまへの提案力や対応力も求められます。お客さま・社員・上司・部下へ常に感謝の気持ちを持ち、あらゆる物事・人から学び取る謙虚な姿勢が必要だと思います。

仕事をする上で困難なことは何ですか?またそれらにどう挑んでいますか?

デザインを生み出す左脳と、数値等で物事を論理的に判断する右脳の使い分けが難しいです。また、自身の性格上、人に頼ることが苦手で、誰かに頼ったり任せたりすることが根本的に不得意です。マネージャーとして与えられた役割はまさにその苦手とする部分であるため、難しさを感じます。でも、私の性格を理解してくださっている課長補佐・係長に日々助けられています。そういった部下の方々のおかげでチームとして成果を出すために取るべき姿が徐々に見えてきました。

仕事のやりがいや面白さはどんな点にありますか?

オーダーメイドという一期一会の世界で、何千年先にも形の残るジュエリーを自分の手でデザインできる点です。自分だからこそ提案出来るデザインを常に意識し、かつ時代を経ても永く残っていくデザインを描けるように心がけています。また、マネージャーをさせていただけたことで、スペシャリストのままだけでは得られかなった経験・知識が身につくことにも面白さを感じます。他部署の方々と関わり合いを深く持つ中で、商品開発のために必要なマーケティングの知識を身につけることができるのも醍醐味です。

なぜケイウノを選んで入社しましたか?

「会社に拾ってもらえたから」がメインの理由かも知れません。ぎりぎりまで作家の道を取るか就職をするかで迷っていました。いくつかテキスタイル関係の会社説明会に参加しましたが、各メゾンが発信するコレクションから万人受けするデザインを生む、ということにはあまり魅力を感じませんでした。そんな中ケイウノを知り、デザインパフォーマンスやエンドユーザーへ直接デザインの提案が出来ることに魅力を感じました。3社しか選考を受けていませんでしたが、内定をもらうことができ、そのまま入社を決めました。

入社してから、どんな点において成長しましたか?

ひとつはコミュニケーション能力です。もともと人見知りが激しく、就職先が決まる前から母には接客は向いていないと言われていました。今でも得意とするほどではありませんが、初対面のお客さまとの会話も楽しみながら、会話から引き出せた特別なデザインを描くことができています。
もうひとつは画力でしょうか。ケイウノのデザイナーは、1本の迷いのない勢いのあるラインでデザインを描きます。もともとは鉛筆の線を繊細に重ねながら、陰影で描き出すデッサンが好きで得意でしたが、ジュエリーの知識と共に身についていったと思います。

将来的にどう成長していきたいですか?

グラフィックデザインスキルを身につけたいです。学生時代は工芸というアナログな分野で勉強していたため、デジタルソフトを使用したデザインとは無縁でした。ただこの仕事を続ける中で独学でPhotoshopやIllustratorのスキルを習得するようになり、複雑なハイジュエリーのデザイン作成に活用できたり、プレゼン資料やナレッジ資料を作成することが出来るようになりました。まだイメージは漠然とはしていますが、これからさらにデジタル化が進む中でそういったスキルをさらに積んで仕事に活かしていきたいです。

1日の仕事の流れ

10:20~
出勤・デザイナー室掃除
10:30~
メールチェック 緊急性の高いものから返信
必要に応じて課長補佐・係長と電話で確認・打ち合わせ
11:30~
プレミアム顧客さまのデザイン画作成
12:30~
メール返信
13:30~
デザイナー勉強会の準備 レジュメ・ナレッジ作成
14:30~
昼食 昼食を取りながら他社の情報収集や、各店のインスタ等チェック
15:30~
提案用デザイン画準備
16:00~
顧客さま対応
17:30~
課内の取り組みの進捗確認・数値分析・指示出し
18:30~
商品開発関連のデザイン画チェック・修正指示出し
19:00~
新人デザイナーの接客デザインチェック・報告書確認
19:30~
メール確認・返信
20:30
退勤

ケイウノの良いところを教えてください。

社員全員が「お客さまに特別な感動と喜びを贈り続ける」という経営理念に共感している人ばかりのため、本当に人を想うことのできる、心根の優しい素敵な人ばかりです。
また、チャレンジをさせてもらえるところも魅力です。まだまだ発展途中の企業だからということもありますが、年次関係なく一社員がやりたいと思えることは、本人の熱量さえ十分にあれば果敢にチャンレジさせてもらえます。

ケイウノに向いている人はどんな人だと思いますか?

販売に関わりたい人であれば特にですが、人のためになること、人に喜んでもらうことが好きな人。
オーダーメイドという正解のないものを提案するため、どうしたらお客さまに喜んでもらえるか、どんなデザインなら一生ものとして身に着けていただけるかなど、相手目線で常に考えることが求められます。そのためにはジュエリーの知識だけでなく、世の中の様々な物事を学ぶ必要がありますが、その原動力となるのが「お客さまのため」という気持ちであればケイウノの仕事にやりがいを持てると思います。

上司から見た木谷さん

いつも結果を出すための工夫や進化がある人です。デザイナーならではのクリエイティブな感性を生かした企画を考え、実行していく姿がとても頼もしいです。ジュエリーの知識はもちろんのこと、世の中の情報やファッション、トレンド等の情報にアンテナを常に広げ、学び、努力している姿勢とセンスの高さはスタッフ達の憧れでもあります。
そして、マネージャー業務と並行しながら、トップデザイナーとして多くのお客さまから信頼され、ご指名を頂き、レベルや難易度の高い接客を行い続けています。ケイウノの要であるデザイナーとして、可能性を広げ、挑戦し続ける姿勢で新しい夢の実現につながる重要な役目を担ってくれる大切な人材です。

部下から見た木谷さん

デザイン課長として、部下一人ひとりの性格やCANを把握し、いつもその人に合わせた対応や仕事の振り分けをしてくださいます。また、デザインのことだけでなく、世の中のことを深く理解するために経済誌やビジネス本を読んでいらっしゃる姿にはいつも刺激を受けています。デザイナーらしいセンスを持ち、風格も漂う木谷さんですが、プライベートやちょっとした雑談をする際にはとてもきさくで、関西出身ならではの巧みな言葉使いで会話を盛り上げてくれます。