結婚指輪・婚約指輪・オーダーメイドのケイウノ > ケイウノのマイスター達 > Vol.1ダイヤモンドバイヤー

ケイウノのマイスター達

K.UNO MEISTERS

Vol.1世界最高評価の輝きを支えるトップバイヤー

ダイヤモンドバイヤー 森本友紀

ダイヤモンドの輝きは長年研究しつくされ、既に完成の域に達していた分野でした。しかし、オーダーメイドでお客さまの細かな要望を叶えてきたケイウノは、その分野に敢えてチャレンジしました。
世界中の原石を仕入れ、自社でカットを行い、輝きを徹底的に追求した結果、2017年にはケイウノで生まれたダイヤモンドが世界最高評価を獲得。同年、スマートホンやタブレットでダイヤモンドの輝きの評価や実際のダイヤモンド画像を3Dで確認いただける「Sarine-Profile™(サリネプロファイル)」を日本初導入。
お客さまに満足いただけるダイヤモンドを探し求め、世界に認められた輝きを支えるケイウノのトップバイヤーを紹介します。

オーナーから受け継いだミッション。
―常識に縛られない輝きの違い―

私はファッションやジュエリーに興味があり、全国展開しているジュエリーブランドに勤め、店長や仕入れ業務を経験、2001年キャリアアップを目指してオーダーメイドブランドのケイウノに入社しました。
ケイウノのオーナーは「4C」では測れないダイヤモンドの“輝き”を追求したい、という強い姿勢を持っていました。
ダイヤモンドの品質を表現するための基準「4C」(カラー、クラリティ、カット、カラット)では、色や形、内包物の特徴などを測定していますが、 人の目で見たときの“輝き”を測る直接的な基準はありませんでした。
オーナーは同じグレードのダイヤモンドをたくさん見ていた際、特に輝きの強いものがあることを確信し、その原因を調べました。当時もダイヤモンドは研究しつくされた分野だったと思いますが、いくら調べても輝きの違いについて明快な答えは出なかったそうです。私は「4C」などダイヤモンドの知識を持っていましたが、逆にそれらの常識に縛られて実際に目で見た直感的な輝きの違いを感じていなかったと気づかされ、強い感銘を受けました。そして「4C」だけでは測れない、“輝き”を追求するというミッションを受け継ぎました。

より美しい輝きのダイヤモンドを生み出したい

ケイウノは「4C」だけでは計れないダイヤモンドの“輝き”に20年以上前から着目した国内唯一のジュエリーブランドだと思います。当時より独自に基準を設け、輝きの強いものを『Loving Heart(ラビィングハート)』と名づけてお客さまにご提案していました。
一般的にダイヤモンドは、採掘からカットといった一連のプロセスを海外で行います。
しかし2005年、ケイウノでは「お客さまの好みに合わせてダイヤモンドをカットできてこそ、本当のオーダーメイドになるのでは。」そんなモノづくりへの追求からカットの研究開発を始め、私はカットされていないダイヤモンドの原石を仕入れることになりました。
原石は、サイトホルダーという原石を取り扱う権利を持つ会社を通して購入します。サイトホルダーからは大量購入が原則で、クラリティ(内包物の状態)の細かな指定ができません。その中でも可能な限り高品質な原石が多く含まれるものを購入するため、私たちは特別な手段をとり直接目を通して選び抜いています。原石を取り扱うブランドでも購入前に目を通すことはまずないと思いますが、私たちはその小さな手間を省かず、より良いものを求める姿勢で仕入れを行っています。

一方、他のチームではダイヤモンドの研究を行う中で“輝き”への追求も進み、数学者と共に独自の光学3D解析を開発。 “輝き”を「ブライトネス(明るい白い光)」「ファイア(虹色の光)」「シンチレーション(フラッシュのような光)」の3つに分解し見た目の美しさを数値化することに成功していました。
さらに開発は続けられ、エクセレントカット(4Cのカットで最高評価)の平均値よりも“110%以上輝く”という、奇跡のようなダイヤモンドが誕生しました。私たちはこのダイヤモンドを『Premium Loving Heart(プレミアムラビィングハート)』と名づけ、それまで輝きについて明確な尺度を持つことが出来なかった『Loving Heart(ラビィングハート)』にも“105%以上の輝きを持つ”という基準を新たに加えました。

ケイウノダイヤモンドについて

「世界最高基準の輝き」と証明されたケイウノのダイヤモンド

2017年ケイウノはダイヤモンド鑑定システムの分野で世界のほとんどを占めるサリネ・テクノロジー社によって開発された「Sarine Light™(サリネライト)」の評価基準を導入しました。
「Sarine Light™(サリネライト)」はダイヤモンドの輝きを科学的に測定・評価するシステムで、輝きを4つの要素「ブリリアンス(白色の光)」、「ファイア(鮮やかな虹色の輝き)」、「スパークル(ダイヤモンドが動く際に現れるキラキラとした輝き)」、「ライト・シンメトリー(光の分布の対象性)」に分解。それぞれを5段階で査定し、4つの要素が全てトップクラスの“Exceptional”であれば、総合評価は9 つあるグレードの内、最高評価の“Ultimate★★★(アルティメット・スリースター)”が与えられます。
ケイウノの『Loving Heart(ラビィングハート)』『Premium Loving Heart(プレミアムラビィングハート)』は、全て“Ultimate ★★★(アルティメット・スリースター)”の最高評価を得ています。

サリネライトについて

ケイウノが追求してきた「輝き」が世界的に認められたこの結果は、私に大きな自信を与えてくれました。今まで目指していたことが間違っていなかったのだと確信した瞬間です。

自信を持っておすすめしたい
『バイヤーズセレクション』

Ⅰ. 滅多に市場に出回らないトップグレード

1.041ct / カラー:D / クラリティ:FL / カット:3EX ¥6,800,000Loving Heart

1カラット以上でクラリティ、カラーが共に最高の“FL(フローレス)”“Dカラー”という奇跡のようなトップグレードのダイヤモンド。10倍拡大してもインクル―ジョン(内包物)、ブレミッシュ(傷や研磨痕などの外部特徴)がともに見られない“FL(フローレス)”は完全無欠な存在で、かつ1カラット以上、さらには無色透明評価の“Dカラー”ともなると、熟練のバイヤーでも滅多にお目にかかることが出来ません。さらにケイウノ独自の光学3D解析で105%以上輝きと証明された、文句のつけどころがない最高品質のダイヤモンドです。

Ⅱ. 1カラット以上でありながらコストパフォーマンスが優れている一石

1.103ct / カラー:H / クラリティ:SI1 / カット:3EX ¥1,620,000Loving Heart

クラリティ“SI1(スライトリ―インクル―デッド)”の中でもインクルージョンが目立たなく、 “105%以上輝く”と評価されたダイヤモンドです。同グレードの中で輝きが特に強く、美しいきらめきを楽しんでいただける一石となっています。

Ⅲ. 内部無欠点の“IF(インターナリーフローレス)”

0.265ct / カラー:D / クラリティ:IF / カット:3EXH&C ¥355,000

カラーが無色透明を意味する最高評価の“Dカラー”、そして10倍拡大しても内包物が見つけられない内部無欠点の“IF(インターナリーフローレス)”が揃ったハイランクのダイヤモンド。エンゲージリングとして最近人気の0.2カラット後半で、このクオリティーとこのお値段は自信を持っておすすめできる一石です。

Ⅳ. 良質ながらお値打ちなダイヤモンド

0.207ct / カラー: D / クラリティ:VS1 / カット:3EX H&C ¥181,900

カラーは無色透明の「D」カラー、内包物を示すクラリティは10倍の倍率でインクル―ジョンがなんとか確認できるわずかな程度、カットは最高評価の3EX(トリプルエクセレント)と4Cのバランスが非常にとれています。重さを示すカラットは約0.2カラットと普段使いしやすく、透明度とカットが最高ランクなので大きさ以上に美しい輝きを楽しめるお値打ちな一石となっています。

※ダイヤモンドは2017年7月時点の一例です。この他にも品質の高いダイヤモンドを豊富に取り揃えております。

店頭には「ダイヤモンドライト」という鑑定機関で使用する光源と同じ明かりのライティングツールがあります。これは太陽の光を再現したもので、ジュエリー店特有の強い照明の中だけでなく、普段身に着けるときの自然な輝きを確認できます。
ダイヤモンドはそれぞれに個性があり、ひとつとして同じものはありません。
個性豊かな輝きを、お客さま自身の目で直接ご覧いただきたいと考えています。

「様々なジュエリーブランドを見て回ったが、同じグレードなのにケイウノのダイヤモンドが一番輝いていた。」
このような声をお客さまからいただくこともあり、そんな時は私たちの想いがお客さまに伝わっているのだと胸が熱くなります。

オーダーメイドブランドだからこそ、ハートシェイプやクッションカットなどのファンシーカットや、ピンクやイエローなどのカラーダイヤモンドをお探しのお客さまにも対応できるよう、世界中のネットワークからご希望の一石を探して仕入れる仕組みも持っています。
輝きを追求し続け世界に認められたケイウノの一員として誇りを持ち、これからもお客さまのご要望に応えられるよう精一杯努力してまいります。