sarine×K.unosarine×K.uno 世界基準で最高ランク「Ultimate★★★」の
ケイウノダイヤモンド

長年『輝きの違い』に着目し独自に研究開発してきたケイウノ。その結果生み出されたプレミアムラビィングハートの輝きの美しさは、ダイヤモンド鑑定システムの分野で世界シェア8割以上を誇るサリネ・テクノロジー社により、世界基準で最高ランク評価「Ultimate★★★」を与えられました。
“ Ultimate ”は“究極”を意味する言葉。
ケイウノダイヤモンドが世界的に最高峰の輝きであることが証明されています。

▲ケイウノ独自の光学3D解析によって、同じエクセレントカットでも約72~123%まで輝きの差が生じました。上記の表は理想的な輝きを放つダイヤモンド(474通りの平均値)を100%の輝きと仮定して当社のダイヤモンドがどの位置にあるかを示したものです。

最先端のテクノロジーを誇る
「サリネ・テクノロジー社」

サリネ・テクノロジー社は、イスラエルに本社を置くダイヤモンド関連ハイテク機材メーカーの世界的トップ企業です。
その技術は、世界のダイヤモンド産業を支えています。

  • ◇ダイヤモンド製造業分野でのシェア80%以上
  • ◇大手企業は、ほぼ全てサリネのシステムを導入
    (大手企業が手がけるダイヤモンドは全世界に流通するダイヤモンドの93%)
  • ◇鑑定機関でのサリネシステム利用率は80%以上

最新技術で輝きを分析・評価する
「Sarine Light™」

「Sarine Light™」とは、サリネ社が開発した、ダイヤモンドの輝き(ライト・パフォーマンス)を科学的に評価するシステムです。輝きを直接的に計測し、正確で一貫性のある評価を提供します。

ケイウノでは、輝きの美しいダイヤモンドの証として、評価を記載した
「Sarine Light™ Report(サリネライトレポート)」<書面>をお渡しいたします。

日本初導入、デジタル鑑定書
「Sarine Profile™(サリネプロファイル)」

◇ダイヤを裏からも側面からも自分の目で確認◇

これまで専門家にしかわからなかったダイヤモンドの輝きの違いや個性を、誰もがスマートフォン等により確認できるサービスです。バーチャルな画像ではなく、実際の拡大写真をまるで鑑定士のような気分を味わいながら確認できます。

この画期的なサービスは、サリネ社のダイヤモンドを解析をする最新テクノロジーと、ケイウノが輝きを追求し行ってきた独自の光学 3D 解析の歩みが世界を跨いで繋がり、日本初導入に至りました。

このサービスでは、気になったダイヤモンドを自宅でゆっくり比較したり家族と相談・共有することができ、ダイヤモンドをより身近に、わかりやすく楽しめます。

まるで鑑定士になったような新体験
「Sarine Profile™」の見方

<機能1 ライトパフォーマンスレポート>
「Sarine Light™ Report」にあるQRコードにアクセスすると、
“輝き”の4つの要素を分析したレポートを見ることができます。

▼ 画面イメージ

  1. (1)総合的スター(★、★★、★★★)評価
    “輝き”の総合評価は9段階に分けられ、最高カテゴリーのUltimate(アルティメット)は
    スター(★、★★、★★★)によって細分化されます。
  2. (2)“輝き”の要因5段階評価
    Exceptional(エクセプショナル)
    Very High(ベリーハイ)
    High(ハイ)
    Standard(スタンダード)
    Minimum(ミニマム)
  3. (3)“輝き”の4つの要因
    品質評価国際基準である「4C」に加え、“輝き”の評価基準を設定しています。
    • ◇Brilliance(ブリリアンス)
      ダイヤモンドに入射した光が内部で全反射し上部にそのまま返っていく、強い白色光。
    • ◇Sparkle(スパークル)
      ダイヤモンドが動くたび現れる輝きで、キラキラとした煌めき。
    • ◇Fire(ファイア)
      ダイヤモンド特有の、表情豊かな虹色の輝き。
    • ◇Light Symmetry(ライト・シンメントリー)
      輝きの対称性。ダイヤモンド全体からバランスよく対照的に生じている輝き。

▼ 4つの輝きの要素の違いを動画で見る(30sec)

<機能2 ダイヤモンドの3D画像>

(1)Top View(トップビュー)
「Sarine Loupe™」機能
個々のダイヤモンドの特徴を反映したダイヤモンド
の上部部分を高精密ヴァーチャル画像で表示します。

(2)3D View(3Dビュー)
ダイヤモンドを3Dで回転し、全体のフォルムなど、
360度表示するほか、ルーペ機能でダイヤモンドを
拡大して表示します。

<機能3 Heart&CupidR
(ハート&キューピッド)表示>

肉眼では見えない対称性のハートパターンや
矢の模様を表示します。

<機能4 Color
詳細(AI鑑定ルース)>

AI鑑定を行ったダイヤモンドは、「カラー」の評価を見比べながら詳細に確認できます。
「カラー」はG.I.A.(米国宝石学会)規定のマスターストーンと比較しながら、無色透明の「D」を最高とし、黄色味を帯びてくる「Z」まで23段階に分けられます。画像の場合、「I」カラーと他のカラーを比較することができます。

<機能5 Clarity
の詳細(AI鑑定ルース)>

AI鑑定を行ったダイヤモンドは、「クラリティ」の位置や形を詳細に確認できます。
「クラリティ」はダイヤモンドの透明度を評価する基準です。光の通過に影響がある内包物やキズが全く認められないもの「FL(フローレス)」を最高とし、評価は11段階に分けられます。画像の場合、中心の“<>”マークをスライドさせて内包物の位置を確認することができます。

<その他の機能>

ウェブサイトや動画、SNSへ飛ぶことができ、
情報収集や確認、ブランドの理解に役立ちます。