Diamond Information

一般的にダイヤモンドのグレードは国際的なグレーティング基準である4Cに基づいて評価されます。しかし実際は同じグレードでも輝きの強いものとそうでないものが存在します。
そこでケイウノでは厳しい輝きの基準を設け、バイヤーがルーペで確認しながら一点一点検査を行い、さらに独自の光学3D解析により輝きを数値化。
その美しさを証明しています。

ダイヤモンドの4Cについて

4Cとは世界中でダイヤモンドの品質を評価するためにGIA(米国宝石学協会)が定めた国際基準です。Carat(カラット=重さ)、Color(カラー=色)、Clarity(クラリティ=透明度)、Cut(カット=全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態)の4つの要素で評価されます。

Carat ~重さ~

「カラット」は“大きさ”だと思われがちですが、正確にはダイヤモンドの“重さ”を指し、1カラット(ct)は0.2g※です。
同じカラットでも、ダイヤの形状によって大きさは異なります。
また重量が重いほど当然希少性も高くなりますが、カラットだけがダイヤの価値を決める基準ではありません。
※1カラット0.2gの由来…その昔ダイヤの量を計る重りに使われていたキャロブシード(いなご豆)が一粒0.2gだったため

Color ~色~

「カラー」はG.I.A.(米国宝石学会)規定のマスターストーンと比較しながら、無色透明の「D」を最高とし、一般的には黄色味を帯びてくる「Z」まで23段階に分けられます。
また綺麗な色のついたダイヤモンドは「ファンシーカラー」と呼ばれ、別の価値として取り引きされています。

Clarity ~透明度~

「クラリティ」はダイヤモンドの透明度を評価する基準です。専門家が適正な光源のもとでルーペで10倍にし、内部の特徴(インクルージョン)と外部の特徴(ブレミッシュ)から決定します。
評価は11段階に分けられます。特徴が少ないほどグレードが上がり、希少性も高くなります。
光の通過を邪魔する内包物、キズが全く認められないものは最高の「FL(フローレス)」クラスです。
一般にSI以上のグレードだと、肉眼ではインクルージョンもブレミッシュもほとんど確認できません。
また、クラリティはキズではなく、自然の結晶が生んだ特徴や個性ともいえます。

Cut ~全体的な形と仕上げ状態~

「カット」は4Cの中で唯一人間がその良し悪しに関わる要素です。“プロポーション”と“フィニッシュ”によって総合的に判断され、「エクセレント」「ベリーグッド」「グッド」「フェアー」「プア」の5段階に評価は分けられます。
また、代表的なカットは“ラウンドブリリアントカット”です。
ダイヤモンドの輝きを最も引き出すカットで理想的なカットバランスも定められ、それを基準に減点法により評価されます。

ケイウノ独自の光学3D解析で
輝きを測定

従来ダイヤモンドの輝きは2次元的な光学解析でしか計算することができていませんでしたが、ケイウノでは独自の光学3D解析を用いることで3次元的に捉え、理想のプロポーションの研究と、実際にカットされたダイヤの輝きの測定をしています。

「Loving Heart」
「Premium Loving Heart」

ケイウノでは、グレーティング基準である4Cだけでは測ることのできない“輝き”の違いを、よりわかりやすく表現しています。
光学3D解析の結果、平均と比較して105%以上の輝きを放つものを「ラビィングハート」、110%以上の輝きを放つものを「プレミアムラビィングハート」としてご紹介しています。
長年の歳月をかけて研究・開発された「プレミアムラビィングハート」は、虹色の輝き“ファイア”と石を動かしたときに生じる煌めき“シンチレーション”が特に強く美しいダイヤモンドです。
2017年には、世界的鑑定システム企業サリネ社の評価において最高ランクの「Ultimate★★★」の輝きであることが証明されています。

色鮮やかなカラーダイヤモンド

ケイウノはピンク、ブラウン、イエロー、ブルー、ブラック、グリーン、レッドなど様々なカラーダイヤモンドがご用意しています。ぜひお気軽にご相談ください。

欧米には花嫁の幸せを願って生まれた「サムシングフォー」というおまじないもあります。
花嫁が結婚式当日に「なにか古いもの」「なにか新しいもの」「なにか借りたもの」「なにか青いもの」の4つを身につけると必ず幸せになるそう。
「なにか青いもの(=サムシングブルー)」にちなんでブルーダイヤを脇石に留めて、愛する人との幸せが永遠に続くことを願ってみては。

ダイヤモンド カットの種類

ケイウノではラウンドブリリアントカット(円い形のダイヤモンド)以外の取り扱いもございます。
ラウンドブリリアントカット以外のカットはファンシーカットと呼ばれ、それぞれに輝き方や形の魅力があり、多くのファンがいます。
「シンプルでもちょっと皆が持っていないようなデザインが欲しい」そんな方におすすめです。またそのダイヤの形の魅力を充分に生かしたデザインもご提案いたします。

  • ハート
    ブリリアントカット

  • プリンセスカット

  • バゲットカット

  • エメラルドカット

  • オーバルカット

  • マーキス
    ブリリアントカット

  • ペアシェイプ
    ブリリアントカット

  • アンティーク
    クッションカット