4Cについて About 4C

4Cとは世界中でダイヤモンドの品質を評価するためにGIA(米国宝石学協会)が定めた国際基準です。Carat(カラット)、Color(カラー)、Clarity(クラリティ)、Cut(カット)の4つの要素で評価されます。ここでは、4Cの一般的な知識・用語についてご紹介します。

About 4C About 4C

Carat -カラット-(重さ)

Carat -カラット-(重さ) Carat -カラット-(重さ)

ダイヤモンドの“重さ”を指し、1ct=0.2gです。ケイウノでは通常0.005ct(直径0.95mm)から2ct(直径8.2mm)の取り扱いがございます。

Color -カラー-(色)

Color -カラー-(色) Color -カラー-(色)

無色透明の「D」を最高とし、色味に応じて「Z」まで23段階に分けられます。
ケイウノでは、トップの「D」~「G」を主に取り揃え、さらに多様なご要望にお応えできるよう「H」~「K」もご用意がございます。

Clarity -クラリティ-(透明度)

Clarity -クラリティ-(透明度) Clarity -クラリティ-(透明度)

クラリティは、インクルージョン(内包物)やブレミッシュ(表面の特徴)がどの程度少ないかを表すものです。ケイウノでは博物館レベルと称されるFL、IFもご用意。ブライダルジュエリーにふさわしいVVS~VSクラスを主に豊富に取り揃えています。(お客さまのご要望にお応えし、SI~Iクラスのご用意もございます。)ケイウノでは、同グレード内でもインクルージョン・ブレミッシュがより目立ちにくいものを選び、ご提供しています。

Cut -カット-(研磨状態)

Cut -カット-(研磨状態) Cut -カット-(研磨状態)

「カット」は4Cの中で唯一人間がその良し悪しに関わる要素となり、5段階に評価されます。ダイヤモンドの輝きを最も引き出す理想的なカットバランスが定められ、それを基準に減点法により評価されます。

Cut -カット-(研磨状態)

トリプルエクセレント

トリプルエクセレント

カット評価の中で、「3EX(トリプルエクセレント)」と表現されるものがあります。これは、「カットの総合評価」と「ポリッシュ(研磨状態)」「シンメトリー(対称性)」のすべてにおいて最高位(エクセレント)と評価されたものです。
ケイウノで扱っているダイヤモンドは、ほぼ全てが「トリプルエクセレント」「エクセレント」の評価を得たダイヤモンドです。

  • プロポーション
    プロポーション
    (光を最大限引き出す形)
  • ポリッシュ
    ポリッシュ
    (磨き)
  • シンメトリー
    シンメトリー
    (対称性)

2次元から3次元へ。
光学3D解析で見極める“輝き”

光学3D解析

一般的に、カットの評価が「エクセレント」であれば輝きは美しい、とされてきましたが、その考えのもととなる理論は実は100年以上前の2次元上もの。ケイウノでは長年の研究から4Cの評価だけでは測ることが出来ない“輝き”に着目し、独自で開発した近代的な光学3D解析で光の通る量を数値化。「エクセレント」の平均値と比較し、105%以上の輝きを放つダイヤモンドをご提供しています。