当日予約は各店舗の電話にて受け付けております。

結婚指輪・婚約指輪・オーダーメイドのケイウノ > Stories > 出逢った学校にまつわるデザイン

Storiesストーリーズ

出逢った学校にまつわるデザイン

婚約・結婚指輪 / 横浜本店

常盤さまご夫妻

神奈川県在住、企画職・営業職

◆奥さまより
私たちは高校の同級生だったのですが、そんな話をデザイナーさんにしたところ、校章や文化祭の名前の由来にもなっている“若松”をモチーフにしたデザインを提案してくれました。“若松”は冬でも青々としていて、不変を象徴するものとして門松など縁起物にも使われていると聞き、結婚指輪にもぴったりだと思いました。
私はよくゴールドのアクセサリーを着けているので、それらとの相性も良くなるよう2色使いのコンビリングでオーダーしたのもこだわったポイントです。また、私の指は関節よりも付け根が細く、いつも着けているファッションリングがくるくる回ることが悩みと伝えたところ、回っても気にならないように一周同じデザインを考えてくれました。結婚指輪はふたつ重ねると一本の若松が浮かび上がるデザインを提案してくれたので、お互いの繋がりを感じられるところもお気に入りです。

◆ご主人さまより
営業職なので出来るだけシンプルなものがいいなと思っており、私の方は全てプラチナで作ってもらいました。彫り模様も目立ち過ぎないように彫ってもらい、「よく見ると分かる」というさりげなさが気に入っています。
私たちは自然と結婚することになったという経緯もあり、プロポーズはしておらず婚約指輪も妻と一緒にデザインを考えました。でも、どこかに自分からの贈り物としての意味合いを持たせたいと思ったので、内側の刻印のメッセージは私の直筆をそのまま彫り入れてもらいました。色々な愛のメッセージを調べたりもしましたが照れくさかったので、「こんな自分と結婚してくれてありがとう」という素直な気持ちを書きました。筆跡がそのまま刻印されるとあって、何度もノートで練習して本番に臨んだのも想い出です。