ベビーリングの使い方

こんにちは、宣伝課の池田です。いつもご覧いただきありがとうございます。
今回は「ベビーリング」をご紹介いたします。

ブログでも何度もご紹介している「ベビーリング」ですが、そもそも「ベビーリング」とは何か、ご存知でしょうか?

ヨーロッパには古くから「銀のスプーンをくわえて生まれた子供は幸せになれる」という言い伝えがあり、赤ちゃんのバースデーには銀のスプーンを贈る習慣がありました。
そこから派生して、シルバーなど貴金属の「ベビーリング」を贈るようになったのが始まり。
海外から徐々に日本へと広まり、最近では出産記念品のひとつとして定着してきました。

ベビーリング
写真右:「pupo -プーポ・ぺリドット(8月)-¥52,000
「pupo -プーポ-」一覧

貴金属は経年劣化しにくく永く愛用いただけ、世代を超えて受け継ぐことができるのも魅力の一つ。
なにより、小さなリングの形は愛らしく、ジュエリーデザインとしてとても可愛いですよね(*^^*)

そんな「ベビーリング」、どうやって使うの?赤ちゃんがつけるの?と疑問に思われる方も多いですが、ケイウノでは
『お子さまが大きくなるまで、お母さまがネックレスとして身に着けてはいかがですか?』
と提案しています♪
ベビーリング_ボンボン
写真:Baby Bonbon-ベビー・ボンボン- ¥35,500
※プレーン・チェーン別
(石・レーザー彫りアレンジ後価格¥46,400)

もちろん、大切に箱の中で大事に取っておく…のも素敵ですが、
折角ならお母さまが身につけ、子に受け継ぐ、そんなスタイルで想いを込めても素敵だと思います。

リングサイズはお子さまの、その時の指サイズに。
リングにはお子さまのお名前や、誕生日、誕生石などを施して…

想いのこもった特別なジュエリーになりますね。
また、自分の生まれた誕生石を身につけるとお守りになる、という言い伝えなどから、
ご自身のご褒美ジュエリーとしてや、大切な方へのギフトとしてお求めになる方もいらっしゃいます。

小さな小さな「ベビーリング」ぜひ店頭でご覧になってみてください。

 

>ベビーギフト一覧はこちら

>ケイウノのベビーギフトについて

>全国店舗情報はこちら